カテゴリー別アーカイブ: 社会

行政-社会

平成時代から引き継ぐもの3

平成時代から引き継ぐもの2」の続きです。
前回、引き継ぐ財産と教訓を、説明しました。もう一つの要素を、挙げておきましょう。「変化」です。財産も、固定したものでなく、変化の途中にあります。

例えば、人口とその構成です。2010年を頂点に、総人口は減りつつあります。そして、その内容は、高齢化が進んでいます。この傾向が変わらないと、ますますこの状況が進みます。
また、現在の経済成長率を前提とするなら、中国との経済規模はさらに広がります。先進諸国の中での、一人当たりGDPも低下します。

皆さんは、この30年間の変化として、何を思い浮かべますか。日常生活では、携帯電話とスマートフォンでしょうか。パソコンとインターネット、プリペイドカードもでしょう。
平成時代の変化には、意図したものと、そうでないものがあります。社会の変化は、なかなか政府や有識者の主張通りには、いかないものですが。

意図して変わったものを、いくつか挙げましょう。
クールビズ。かつては、真夏もネクタイを締めていました。
禁煙。これは、一気に進みましたね。食堂でも職場でも、灰皿がありました。駅や新幹線でも、吸っている人がたくさんいました。
男女共同参画社会。女性の社会進出は大きく進みました。まだ、不十分な面もありますが。
介護保険も、大きく社会を変えました。
働き方改革。これは現在進行形です。

30年前に、昭和から引き継いだ社会が、これだけ変化したのです。また、国民が変えたのです。
この変化のうち、良いものを引き継ぎ、良くないものの変化を止めなければなりません。「変える力」も、日本国民の財産です。この項続く

平成時代から引き継ぐもの2

平成時代から引き継ぐもの」の続きです。
平成は、バブルの崩壊と、それに引き続く「失われた20年」でもありました。しかし、バブルは昭和末期に始まり、平成に入ってはじけたのです。平成は、その負の遺産を引き継いだのでした。
では、平成時代から、何を令和に引き継ぐか。いろんなものがありますが、財産と、教訓とに分けて考えましょう。

財産は、この国土であり、豊かさであり、安全安心な社会です。平成天皇が、在位30年記念式典で述べられた「民度」も、重要な財産です。(・・過去から今に至る長い年月に,日本人がつくり上げてきた,この国の持つ民度・・・)。
他方で、負の財産も引き継ぎます。巨額の公的借金を、次の時代と次の世代に引き継ぎます。少子高齢社会も、「国民を輸入」しない限り、いまの10歳があと10年で20歳になります。
私の仕事の関係では、原発事故を引き継ぐことになります。いまだに残る放射性物質、長く続く廃炉作業を、次の時代に引き継ぎます。

この財産を基に、次の時代を良くするのも、悪くするのも、私たちです。読売新聞の調査では、令和の時代が良くなると考えている人が、58%に上ります。しかし、何もしないで、良い結果は出ません。
そして、過去を振り返るのは、未来への教訓とするためです。すると、平成から何を学ぶかが、重要になります。

デフレは、ようやく脱却できました。しかし、もはや、かつてのような高い経済成長は、見込めません。品質の良い工業製品を大量かつ安価に作って、国民と海外に売る。その産業の形も、中国をはじめとする国々との競争に、勝てないようです。デフレを脱却するだけでは、明るい未来は見えてこないでしょう。
「失われた20年」は、経済の低迷とともに、それに慣れた国民の意識でもあったと思います。私は、経済の指標より、この国民の意識の方が怖いと思っています。傷をなめ合っていても、自虐的に振る舞っても、事態は好転しません。そこに必要なのは、目標と工程と努力です。

「明るい令和」にするために、何をすれば良いのか。一つわかっていることは、昭和の産業、働き方、意識の延長には、明るい社会はないことです。それを、平成の時代に、私たちは学びました。
令和では、新しく、どのような「この国のかたち」を作るのか。それが、私たちに問われています。この項続く

平成時代から引き継ぐもの

平成時代が終わろうとしています。平成時代を、どのように評価し位置づけるか。いろんなメディアが、平成の30年を振り返っています。
もちろん、社会の変化は、天皇陛下の在位によって、区切られるものではありません。しかし、ここで、30年を振り返ることも意義があると思います。
メディアがこれだけも、平成の30年を振り返るのは、国民もまた自分たちの30年を、平成の歴史に重ねて振り返っているのだと思います。

平成時代が、どのような時代だったか。それを考えていたのですが、現時点で平成の30年を位置づけることは、難しいと感じます。なぜ難しいか。
その時代で完結しておれば、評価や位置づけは簡単です。しかし、日本は平成時代の後も続きます。次の時代の種は、平成時代にまかれているのです。
平成時代は、バブル経済とその崩壊から始まりました。その種は、昭和時代に生まれ育ったものです。私がよく取り上げる「明治以来150年のこの国のかたちが、続かなくなった」は、平成時代に顕在化しましたが、昭和時代にその基礎があったのです。

すると、平成の次の時代「令和」の日本社会がどのようになるかによって、平成時代の評価が定まります。将来、例えば10年後から見た際に、平成時代はどのようなものだったか。それを、予測する必要があるのです。
内外の諸条件が変わらないなら、その予測は簡単です。しかし、平成30年間の変化は、国内条件以上に国際条件が変わったことによるものです。その変化は止まらないでしょう。この項続く

洋書の背文字

気になっていたことを、インターネットで調べました。
アルファベットは、縦書きの際にどのように書くのが正しいのか。そして、アラビア語の場合は、どうするのか。

日本語や中国語は、縦書きも横書きもできます。本格的な書物は縦書きだと教えてもらいましたが、仕事などでは横書きも多いです。その場合は左から右へと書きますが、扁額などは右から左です。これは実は縦書きで、各行が1文字という設定なのです。

アルファベットは、横書きで、左から右へ書きます。では、本の背表紙のように、縦に文字を並べる場合はどうするか。インターネットでいろいろ探したら、次のページを見つけました。
本棚に立てられた洋書の背文字は読みにくい」。かなり研究しておられると、見受けました。

アルファベットの場合、縦書きはないようで、横書きを90度傾けるのです。その場合に、上から下へ書くのか(書き下げ)、下から上に書くのか(書き上げ)。どちらもあるようです。本屋に行くと、首を右に傾けたり、左に傾けることになります。その点、日本語の縦書きは、優れものです。
アルファベットの本でも、古いものは横書きがあるようです。幅がないと、たくさんの文字は入れることができません。このことについても、解説されています。読むとなるほどと思います。
ちなみに、私の本棚を見ると、Enid Welsford著『The Fool: His Social and Literary History』(1935年、London)は横書き、Michael Sandel 著『Public Philosophy』(2005年、USA)は書き下げでした。

で、アラビア文字です。アラビア文字は、右から左への横書きです。これを、本の背表紙にはどう書くか。90度左へ傾け、上から下へと書く(書き下げ)とのことです。

ユーチューブ、問題ある投稿を削除する作業

4月21日の日経新聞「未来に挑む」インタビュー、スーザン・ウォジスキ、ユーチューブCEOの「ネットの暗部技術で克服」から。

「動画共有サイト「ユーチューブ」は2005年にシリコンバレーで誕生した。06年に米グーグル傘下に入り世界規模で事業を拡大し、テレビに取って代わるほどの巨大動画サービスになった。一方、不正投稿の拡散で批判も浴びることもある。先端のテクノロジーの役割、その担い手である企業の責任についてスーザン・ウォジスキ最高経営責任者(CEO)に聞いた。」

・・・社会的な責任は私が今年最も力を注ぐ事項だ。私たちにはコミュニティー規範があり、アダルトコンテンツのようにユーチューブでは許されないものを明示している。常に各国の法規を追っているが、それでもヘイトや暴力、ドラッグなどは最新の規範が求められる。昨年だけで規範は30回以上変えた。
毎分500時間分の動画が投稿され、管理するには人と人工知能(AI)の組み合わせが欠かせない。18年には議論を呼びそうな投稿をチェックする要員として1万人を雇った。AIがこうした投稿の発見にとても有効なことも分かってきた。18年10~12月は800万もの動画を削除し、70%はAIによるものだ。大半は誰も視聴しないうちに削除している・・・

・・・ネットで社会が変わることは担い手である企業の責任と裏腹だ。いつの時代でも課題はある。最善のやり方は私たちがテクノロジーをよい方向に使うことを理解し、正しく適用すること。そしてオープンな視点を持ち、どんな課題にも対処することだ・・・