略歴等

 

 

石舞台古墳
(この隣に小学校がありました)
(画像提供・明日香村教育委員会

 

略歴
昭和30年1月1日 奈良県高市郡明日香村生まれ(当時は高市村)
昭和48年 奈良女子大学文学部附属高校卒
昭和53年 東京大学法学部卒、自治省採用
徳島県財政課、自治省財政課、鹿児島県財政課長、自治大学校教授、自治省交付税課課長補佐などを経て、
平成4年 自治大臣秘書官
平成6年 富山県総務部長
平成10年 内閣・省庁改革本部参事官
平成13年 総務省自治財政局交付税課長
平成16年 総務省大臣官房総務課長
平成18年 内閣府大臣官房審議官(経済社会システム担当)
平成18年 内閣官房内閣審議官(再チャレンジ室長。保存ページ)併任
平成20年 総務省大臣官房審議官(財政制度、財務担当)
平成20年 内閣総理大臣秘書官(麻生太郎内閣総理大臣)
平成21年 総務省消防庁消防大学校長
平成22年 総務省自治大学校長
平成23年 東日本大震災・被災者生活支援本部事務局次長
以後9年半にわたり復興に従事
平成23年 東日本大震災復興対策本部事務局次長
平成24年 復興庁統括官
平成27年 復興庁事務次官
平成28年 内閣官房参与福島復興再生総局事務局長
令和2年 内閣官房参与、福島復興再生総局事務局長退任。復興庁顧問を経て退任

平成28年~令和2年 三井住友海上火災保険株式会社・経営顧問
令和2年~ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社・顧問

平成14・15年度 東京大学教授(大学院総合文化研究科)併任
平成17・18年度 一橋大学公共政策大学院で「現代行財政論」を講義
平成19・20年度 慶應義塾大学法学部講師兼務
平成22年度  日本大学法学部大学院講師、慶應義塾大学法学部講師兼務
平成29・30年度 慶應義塾大学法学部講師

名前は、「まさかつ」が本名です。でも、世間では「ぜんしょう」で通っています。高校以来ですから、ほとんどの人は、それが本名だと思っておられます。

「官邸の怪人」「霞が関の治外法権」というあだ名の由来については、「官邸の怪人、「民」と出会った衝撃 復興の現場で」(2020年10月11日朝日新聞ウエッブサイト)をご覧ください。被災者生活支援本部では、何でも引き受けるので「ブラックホール」とか「スーパーゴミ箱」とも呼ばれました。長く復興に従事したので「ミスター復興」とも、呼んでもらっています。
体験談」のページへ。笛吹中年(トップページの絵)について。