カテゴリー別アーカイブ: カウンターの記録

カウンターの記録

祝380万番

今日午後に、カウンターが380万番を達成しました。かつてはキリ番を手に入れた人に、賞品を送っていました。380万番はキリ番ではないので賞品はありませんが、手に入れた方は画像を送ってくださるとうれしいです。

つまらないこのホームページにお付き合いいただいている皆さんに、感謝します。
読者からは、「最近は新聞記事の紹介が多いようです」「記事の紹介が数日経ってからで、遅いです」との注文もいただいています。すみません。切り取った記事を後でゆっくり読むことと、だいぶ先までホームページに載せる記事が貯まっているのです。
基本的には、1日に新聞記事紹介1本、思うことや出来事1本の2本立てにしています。毎日記事を書くことはしんどいので、かなり書きためて貯金してあります。370万番は1月6日でした。「過去の記録

370万番達成

今日1月6日朝に、370万番を達成しました。早朝に確認したら3699900でした。職場についてパソコンを立ち上げたら3699999で、しばらくしてから見たら、370万番を超えていました。
何人かから「キリ番を逃しました」との報告がありました。

360万番が去年の6月9日でしたから、それから約半年。350万番が1月5日でしたから、ほぼ1年です。
毎日、面白くもない記事を読んでくださって、ありがとうございます。たくさんの人に読んでもらえると、うれしいです。「過去の記録

360万番達成

今日6月9日朝に、360万番を達成しました。
朝起きて、届いている電子メールの確認、楽天が勝ったどうかの確認(夕べも早く寝たので。久しぶりに、岸投手が勝っていました)をして、私のホームページを見ると、あと50ほどでした。
気持ちよく連載原稿の続きに着手し、しばらく執筆に集中と苦悩。気分転換にホームページを見たら、ちょうど360万番でした。自分で、準キリ番を見ました。8時13分でした。画面を保存するのを忘れました。よって、証拠書類はありません。

350万番が1月5日でしたから、それから約5か月です。
毎日、面白くもない記事を読んでくださって、ありがとうございます。たくさんの人に読んでもらえると、更新するやりがいが出ます。「過去の記録

350万番達成

今日1月5日に、350万番を達成しました。
350万番は、友人のI君です。8:50過ぎとのことです。画像を送ってくれまし た。厳密なキリ番ではないので、賞品はなしです。でも、新年早々よいことが あったので、今年はよい年になりますよ。
340万番が去年の8月18日でしたから、約5か月です。

 

340万番達成

今日8月18日に、340万番を達成しました。朝の時点では、まだ700ほどあるので、明日だと思っていたのですが、
330万番が2月24日でしたから、半年前ですね。あっという間に、時間が経ちます。面白くもないホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
2002年から始めて、18年続いています。飽きることもなく、記事を書き続けています。毎日の日課、というより休日や時間があるときに書きためることが、趣味になりました。記事に仕上げるには、けっこう時間がかかるのですよ。そこが、趣味たるゆえんですね。

新聞記事の紹介が、多くなりました。ニュースと言うより、解説記事を取り上げています。「そんな見方もあるのだ」と、勉強になった記事です。皆さんへの紹介とともに、私の備忘録です。もう少し私の解説をつければ良いのですが、手を抜いています。
そのいくつかは、連載「公共を創る」などの素材となります。かつては、切り抜いて半封筒に分類して保存していました。ここに書いておくと、場所を取らず、簡単に検索できるので便利です。もっとも、それらの多くは書いたことを忘れてしまい、検索の対象からも外れます。何かの拍子に、発見されることはあります。
その他には定番の、ながらスマホ批判、変な日本語批判があります。老人の繰り言ですね。

連載「公共を創る」を抱えているので、そちらを優先しなければなりません。もっとも、連載の執筆はより頭を使うので、はかどりません。こちらのホームページの執筆は、それに比べお気楽です。
間違いを指摘してくださる読者の方にも、感謝します。連載「公共を創る」の場合は、右筆たちが手を入れてくれて、さらに時事通信社の校閲さんが厳しく目を通してくださいます。その間違いの指摘の多さを考えると、このホームページの記述もたくさん間違いがあると推測されます。一人編集長の限界です。

毎日、難しい漢文を解説している、そして野球観戦現地調査にせっせと出かけている肝冷斎は、えらいです。