カテゴリー別アーカイブ: 社会

行政-社会

日本美術を見せる

以前から疑問に思っているのですが。
日本美術を専門にした大きな美術館がありません。山種美術館三井記念美術館泉屋博古館など、小ぶりで良い民間の美術館は、いくつもありますが。

国立には、東京国立博物館、国立西洋美術館、国立近代美術館はあるのです。国立日本美術館はないのです。たぶん、こういうことだと思います。
文物については、博物ということで、国立博物館でも集めた。美術は、西欧の美術を紹介するために、力を入れた。他方で、日本美術は、国家が集めなくても、身の回りにたくさんある。ということではなかったのでしょうか。

欧米でも、美術館、博物館は、よその国から集めてきた珍しいものを展示したようですから。美術品は、購入者や支援者がないと、政策は成り立ちません。スポンサーです。王侯貴族やお金持ちです。
で、日本でも、藩主や財閥、お寺が持っていました。いくつかの美術館はその系統です。維持できなかったものは売られて、散逸あるいは美術館に収まりました。

なぜ、このようなことを指摘するのか。海外からの訪問者に、「日本美術を見るならここに行きなさい」と紹介する場所に悩むからです。
日本美術をたくさん所蔵している美術館は、東京国立博物館、京都国立博物館、九州国立博物館のようです。
東京国立博物館は、それなりに日本の文物を紹介するには良いのですが、分野が広すぎます。ハニワから刀までありますからね。近年開かれる特別展も良い企画があるのですが、焦点を何に絞っているのか、わかりにくくなっています。日本人を相手に、珍しいものを見せるのか。その際に、外国人はどう扱っているのかです。

外国人、あるいは日本人でも若い人に、日本美術を見せる施設や工夫が欲しいです。実物はいくつもの美術館に分散保管されているとして。系統だって見せる施設。そしてこの時代ですから、インターネットで多くのものを見ることができる仕組みです。
日本美術だけでなく、伝統芸能の世界も、外国人観光客に近寄りやすくなっているのでしょうか。

建物の「センター」という言葉

アルファベット日本語」の続きにもなります。
施設につけられる「センター」という名称は、紛らわしいと思いませんか。
文化センター、ショッピングセンター、保健センター、コミュニティセンター、研修センター・・・あなたの周囲にも、たくさんあるでしょう。

国民生活センター、シルバー人材センター、子育て支援センター、年金相談センター、ビジターセンター、血液センター、医療センター、研究センター、就職情報センター、このような公共的なものの他に、会社の名称や支店などにつけている場合があります。
建築住宅センター、××会社サービスセンター、コールセンター、××フラワーセンター、××メモリアルセンター、××チケットセンター、

英語のcenterからきたのでしょう。辞書を見ると、「多くのものごとが集まること。集中」「ある地域の特定の業務を集中させた場所、施設、部門を示す語」とあります。
かつては、このカタカナ語は目新しく、格好良く見えたのでしょう。しかし、このように多用されると、「普通名詞」に近くなっています。そして、陳腐に感じます。
何か良い日本語への切り替えは、できないでしょうか。多くの場合は、「会館」「所」「窓口」などで置き換えができそうです。

若い人は「センター」と聞くと、大学入試のセンター試験か、AKBの最前列中央(センターポジション)に立つ女性を思い浮かべるのでは(私はAKBを知らないのですが)。

アルファベット日本語、新聞表記

日本語の中のアルファベット」の続きにもなります。
1月20日に行われた総理大臣の施政方針演説、ここにもアルファベット語がいくつも使われています(原文は縦書きです。それで、数字が漢数字になっています)。

AI、IT、Wi‐Fi環境、IoT、5G、ポスト5G、Society 5.0、Beyondゼロ、CSF、ASF、下請Gメン、DV、EU、TPP、ASEAN、RCEP、G20、G7、CO2、JR常磐線。
産業や技術の分野を中心に、社会が進んでいることを実感します。

さて、施政方針演説は、衆議院と参議院の本会議で、総理が読み上げられます。では、速記者はどのように、文字に起こすのか? 耳で聞いた言葉を文字に起こすなら、これらの言葉の多くはカタカナになるでしょう(まだ確認していません)。

新聞社は、翌日の紙面で全文を掲載しています。その際に、どのように表記したか。
朝日新聞は、原文のままのようです。

日経新聞は、JR常磐線、AI、Wi‐Fi環境、Beyondゼロなどは、そのままです。他方、Society 5.0は、ソサイエティー5.0と、カタカナにしています。豚コレラ(CSF)、アフリカ豚コレラ(ASF)、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)のように日本語を補っている場合もあります。

読売新聞は、AI(人工知能)、TPP(環太平洋経済連携協定)、豚コレラ(CSF)、アフリカ豚コレラ(ASF)、IT(情報技術)、(次世代通信規格の)5G 、DV(配偶者や恋人からの暴力)のように、多くのアルファベット語に日本語や日本語による補足をつけています。ただし、Wi‐Fi(ワイファイ)、Society(ソサイエティー)5.0、Beyond(ビヨンド)ゼロのように、読み仮名を振っただけの言葉もあります。

新聞社も、悩んでいるでしょうね。中学生や高校生でも分かる文章を書くことが、新聞記事の原則です。CSF、ASF、IoT、5G、Society 5.0、DV、RCEP、Beyondゼロといった言葉で意味が分かる人は多くはないでしょう。あなたは、子供に説明できますか。

日本語の中のアルファベット

アルファベット日本語」の続きです。
私たちが意識せずに日本語の中で使っている、アルファベット語。IR、IT、NHK、JRなどなど。これを、逆に置き換えてみると、おかしさがわかります。すなわち、英文の中に、日本語由来の言葉を、漢字とカタカナで入れるのです。

英文の中に、日本語由来の言葉を、アルファベットで入れることは、さほどおかしくありません。sushi、tenpura、などなど。それは、日本語の文章の中に、外国由来の言葉をカタカナで入れることと同じです。

しかし、英文の中に、日本語由来の言葉を、漢字やカタカナのままで入れることはないと思います。”I like sushi.”はあっても、”I like 寿司.”とは表記しないでしょう。まず、英文のワープロに、漢字とカタカナは備えていないでしょう。

中国では、漢字表記の中国語に、アルファベット語を入れることはあるのでしょうか。韓国では、ハングル文字の中に、アルファベット語を入れることはあるのでしょうか。

 

 

小熊英二著『日本社会のしくみ』

小熊英二著『日本社会のしくみ  雇用・教育・福祉の歴史社会学』(2019年、講談社現代新書)が、勉強になりました。
その表題の通り、日本型雇用を通して日本社会を分析したものです。どのようにして、日本独特と言われる雇用慣行ができあがったか。その歴史的経緯と、要因とを分析しています。説得力があります。

「新卒一括採用、年功序列、終身雇用」が、昔からのものでなかったこと。経営者の意図で、または意図に反して、このような慣行が普及します。
もっとも、このような都市の大企業に代表されるような勤め人は、3割弱です。3割は地方から離れない人(農業、自営業、地方公務員、地場産業)、3割はその他(非正規労働者、中小企業で転職する人)です。

日本は「企業のメンバーシップ」型、ドイツは「職種のメンバーシップ」型、アメリカは「制度化された自由労働市場」型が支配的です。
日本以外では、企業内では社員は三層構造になります。上級職員、下級職員、現場労働者。そして企業を横断して、職務内容により採用や昇進がされます。企業内では差別があり、企業を超えた職務の平等があります。下級職員や現場労働者は、勤務評価がありません。
それに対し日本では、職務による差別を避け、社員の平等を目指しました。他方で、企業ごとに差別ができます。企業内では職務内容による差別がない代わりに、社内での頑張りで評価されます。

日本の仕組みは、官庁や軍隊から企業に広がり、戦後の経済成長に行き渡ります。戦後民主主義の日本的「平等観」(会社内で差別しない)、職務給より家族の生活を保障する生活給が、その背景にあります。学歴の向上(高卒、そして大卒へ)が、残っていた三層構造を壊し(大卒が現業の仕事をする)、社内平等を進めます。そのひずみは、出向、非正規雇用、女性に来ます。
この雇用の形が、日本社会のさまざまな分野を規定していきます。

ただし、新書版で600ページなる大部のものです。学術書と言えるほど、内容は緻密ですし、注の数も膨大です。この内容を新書で発表するのは、やや難があると思います。
NHKのインタビュー「小熊英二さん「もうもたない!? 社会のしくみを変えるには」」(掲載年月日不詳)が、簡潔でわかりやすいです。