カテゴリー別アーカイブ: 仕事の仕方

生き様-仕事の仕方

役に立つ肝冷齋

漢文の識者である肝冷齋は、難しい中国古典を解説してくれるのですが、時に難しすぎて、あるいは妖怪変化が多く、私の理解を超えることがあります。
たまには、わかりやすい教訓も書いてくれます。
包容力は、努力で具わる

・・・明初の名官僚で、その有能と誠実を以て、史上屈指に血なまぐさいこの時代に何度も失脚しながら復職し、戸部尚書を通算三十年ぐらい務めた夏原吉は、
徳量閎厚、人莫能及。
徳量閎厚にして、人よく及ぶ莫し。
包容力が広く、厚く、誰も敵わなかった。
と言われる。「徳量」はとりあえず「包容力」と訳しておきますが、要するに人を容れる「器量」のことです。

あるひと、問うて曰く、
量可学乎。
量は学ぶべきか。
「包容力というのは、後天的な努力で具わるものですか」
夏は答えた・・・

身につけた経済力を生かす

日経新聞夕刊「人間発見」、先週は大和証券グループ本社会長 日比野隆司さんでした。「危機は乗り越えられる」第3回、8月29日から。入社3年目に、ロンドンに赴任されます。

・・・ロンドンに到着したのが早朝5時。迎えにきてくれた先輩と朝食をとると8時にはオフィスへ。着くやいなや仕事でした。
顧客からの電話ががんがん鳴ります。国債や円建て外債(サムライ債)の注文に、こちらから価格を提示しなければなりません。かたことの英語しか話せませんから脂汗でした。昼休みに英語で市場コメントをテレックスで送り、午後また電話対応。夜はニューヨークへファクス。へとへとの初日でした。
そのくらい業務が急拡大していました。円の国際化が進み、ユーロ円債市場も発展する時期です。「ザ・セイホ」と呼ばれ、日本の機関投資家の動きを世界が注目していました。ロンドンの金融街シティで、日本人が肩で風きって歩いた唯一の時代といっていいでしょう・・・
・・・日本は80年代の圧倒的な存在感を持続できず、実力も上げられなかった。正気を失い、バブルに踊った結果、大変な不良資産を抱えてしまった。日本にとって痛恨だったと思います・・・

日本経済が世界第2位の地位にあり、さらに円が圧倒的に強かった時代。それを生かすことはできませんでした。世界の有名ビルや会社などを買収しましたが、成功した例はほとんど無いようです。
経済学では、バブルの分析がたくさんなされています。また、当事者たちの証言も出ています。
私が知りたいのは、そのような経済分析や当事者の行動でなく、日本社会がなぜその実力を生かせなかったか、そしてそこから得た教訓はなにかです。

将来、日本が第2位の経済大国になることはないでしょうし、バブル経済はあっては困ります。しかし、身につけた(経済的)実力を、どのように活かすか。「あの頃は良かった」という懐古趣味ではなく、また「金融政策が間違っていた」という原因論や責任論でもなく。日本社会として、教訓を共有しておくべきです。

日本は、貧乏な国から出発して、戦前は一等国に、戦後は経済大国になりました。しかし、そこで浮かれて、それぞれ「敗戦」してしまいました。貧乏から努力することは得意なのですが、金を持ってからの生き方に慣れていないようです。
これに対し、ヨーロッパやアメリカの富裕層や金融機関、会社なら、どのように対処したか。彼らには、浮き沈みを含めて、長年の経験があります。その経験を踏まえて、「金持ちとしての振るまい」を身につけましょう。
司馬遼太郎さんなら「この国のかたち」として、鋭く分析してくださったでしょう。

なお、文中に次のような文章も出てきます。ここは、私と同じですね(日経夕刊コラム「仕事人間の反省」)。
・・・いつも会社にいるので、「会社の備品だな」と先輩に呼ばれましたね・・・

夢を実現する、日本のサッカー

先日から「夢と計画と構想」を書きました。これに関して、日本のサッカーの隆盛を思い出しました。

かつて、日本でスポーツと言えば、野球でした。サッカーは、少数者のスポーツでした。もちろん、プロリーグもありませんでした。
サッカーワールドカップ2018で、日本代表が活躍しました。今でこそ、日本代表チームはワールドカップに続けて出場していますが、これも最近のことです。日本にとって、世界は遠かったのです。

長沼健・元日本サッカー協会会長・日本代表監督のインタビューを見て(かなり昔です)、印象に残っていることがあります。「私には、3つの夢があった」とおっしゃいました(うろ覚えなので、正確ではありません)。
1つめは、日本代表がワールドカップに出場すること。
2つめは、日本でワールドカップを開催すること。
3つめが、何面ものコートを持つナショナルトレーニングセンターを作ること、でした。
長沼会長は、生きている間に、この夢を3つとも実現されました。2は、2002年日韓ワールドカップです。3は福島にあるJビレッジです(現在は他の地域にもできています)。もちろん、彼一人でできたわけではありません。

夢を実現する、多くの人にとって、あこがれです。一人で実現できること、すなわち出世や金儲けなどもありますが、社会を巻き込まなければ実現できないこともあります。
日本サッカーが強くなったのは、プロリーグ化です。しかし、これも簡単ではなく、関係者も半信半疑だったのです。
為せば成る。やればできる。挑戦しない限り、夢は実現はしません。
「夢」と笑われるような、難しい目標を持つこと。そして大きな計画を作りつつ、地道に努力を重ねること。さらに、周りの人を巻き込む能力が必要です。大きな夢を実現するための秘訣でしょう。

夢と計画と構想2

夢と計画と構想」の続きです。
私たち行政の世界でも企業の世界でも、上に立つ人、新しいことを実現する人には、この「構想力」と「実現する力量」が必要です。

ここで注目したいのは、後者の「実現する力量」です。先を読み、構想を練ったあと、関係者を説得し、賛成者を増やしていく課程です。よい計画や構想を立てることは、かなりの人ができます。しかし、この「計画・企画を実現する力」は難しいです。

その際には、周りの人を巻き込む能力が必要です。関係者を納得させ、実現に向けて進めなければなりません。一人で「私が正しい」と言っても、進みません。すると、「あの人の言うことなら」といわれるように、支持者を増やさなければならないのです。
そのためには、小さなことから始めて、難しいことを実現してみせる。そして信頼を増やしていくことが必要です。ここは、政治の世界です。

自然科学の世界では、仮説を立て、実験を繰り返すことで、実証することができます。しかし、行政や企業の世界では、関係者の理解を得ないと実現しないのです。
(以下、蛇足のことながら)
逆に、変な案でも、関係者に支持されると実現してしまいます。戦争、無責任な政策(例えば財源裏打ちのないばらまき)、ポピュリズム、売れない製品など。

夢と計画と構想

きょうは、少し毛色の変わった話を。

「構想」という言葉を、気に入っています。
鈴木淳著『維新の構想と展開』 (2002年、講談社、日本の歴史20。講談社学術文庫に再録)が出版されたとき、このタイトルを見て、「構想」ということばを、再認識しました。
官僚になってから、いえ官僚を目指して東大法学部で勉強をしていた頃から、官僚の役割は何かを考えていました。当時は、政治家の回顧録や評伝などを読んで、漠然としかわからなかったのですが。
官僚になって、また自治省という職場の特性から、早い時期から管理職として、組織、地域、日本をどのように作っていくのか・変えていくのかを勉強させられました。
その頃、漠然と思っていたことが、この「構想」という言葉で、はっきりしたのです。

「構想」は、「夢」や「計画」とは、少し意味が違います。夢は持っているだけで、そこに至る計画や実行がなければ、実現しません。まさに「夢想」であり、しばしば「夢物語」です。
計画があって、夢が実現に向けて進み出します。しかし、計画は単一のものです。いくら良い計画でも、しばしば他のものと競合し、時に邪魔されて、実現しません。

構想は、計画より広い内容です。一部の計画でなく「全体の内容」が必要です。部分だけではダメです。ぴったりした英語は見当たりませんが、和製英語だと、「グランドデザイン」でしょうか。
あわせて、「それを実現するための方法」も含みます。絵空事でなく、実現するための工程が必要です。そして、それに従った実行も。「計画倒れ」ではダメなのです。

この講談社の「日本の歴史」シリーズには、佐々木隆著『明治人の力量』(2002年、講談社)もありました。「力量」もよい言葉ですね。
この項続く