カテゴリー別アーカイブ: 仕事の仕方

生き様-仕事の仕方

「あなたが大うそつきか、日本の財務省が狂っているか、どちらかだ」

日経新聞夕刊「人間発見」今週は、ウェルスナビ社長の柴山和久さんです。柴山さんは財務省在職中にアメリカのハーバード大学に留学し、アメリカ人と結婚します。その後、イギリス財務省に出向します。
13日の記事「日本の働き方、妻に通用せず。官僚辞め仏の経営大学院に」から引用します。
「帰国し財務省主計局の課長補佐に。働き盛りで帰宅は連日深夜。それが当たり前と思っていたが、米国人の妻にはそんな日本の官僚の生活がまったく理解できなかった」という書き出しです。

・・・英国財務省に出向していた時も、日本の財務省に戻ってからも、仕事は同じ予算作りです。英国時代、勤務時間は10時から16時まででした。それが帰国後は日付が変わっても帰ってこないし、泊まり勤務も珍しくない。日本の官僚社会では、それが普通だと説明しても、妻はまったく聞いてくれません。「あなたが大うそつきか、日本の財務省が狂っているか、どちらかだ」。
もう辞めるしかないなと思いました。妻の言い分も、もっともだと思ったからです。例えば日英に共通した官僚の仕事に、国会での野党議員の質問対応があります。日英ともに議員は72時間前に質問内容を通告することになっています。英国では時間通りに通告があり、48時間前には官僚の手で答弁資料が作成され、24時間前には大臣に渡されます。十分に吟味し、準備する時間がありますから、野党議員と大臣の国会での議論は中身の濃い、見応えのあるものになります。
日本では72時間前に質問内容を通告する野党議員は、まずいません。多くは前日の夜遅くです。それから答弁資料を作成し、大臣に説明し、慌ただしく討議に入るのです。準備不足の大臣を立ち往生させ、失言を引き出すのが狙いなのでしょう。ただ、私自身も、妻と歩調を合わせるように、非効率きわまりない仕事に、どこかむなしさを感じ始めていたのも事実です・・・

働き方改革、パワポを使わない

7月14日の読売新聞夕刊「変わる働き方」で、「パワポ使わず資料作り」を取り上げていました。
「無駄な仕事はやめ、残業を減らそうー。働き方改革でこんな号令がかかっている職場も多いようですが、何から手を付ければいいのかは難しい問題です。今回は、社内資料の「作り込み」をやめた企業を紹介します」という書き出しで始まります。
・・・損害保険ジャパン日本興亜(本社・東京)は2015年4月に本社の全社員に配った「働き方ハンドブック」で、社内向け資料の作成ルールとして「パワーポイント(パワポ)」を原則使わないことにしました・・・
・・・ルール作りにかかわった経営企画部の佐々木一光課長は、「パワポだと色遣いなど見た目にこだわってしまいやすい。お客さん向けの説明資料をわかりやすく作るのには適していますが、社内向け資料を作り込むのはやり過ぎでした」と振り返ります。
その代わりに、ワープロソフト「ワード」を使い、文章で簡潔に伝える社内資料作りを社員に求めました。図形や矢印を多用したパワポ資料ではあいまいになりがちな論点・論理などを、言葉で明確に書いてもらう狙いもありました・・・
・・・1年前にパワポで10ページ分量で作っていた内部の検討資料は、直近のものはワードで3ページ。最近、「原則A4版1枚で」という部内ルールも追加したそうです・・

「A4版1枚」「カラフルな資料をつくらない」は、常に私が主張していることです。パワポは、説明資料には向いていないことも「明るい公務員講座」で説明しました。「パワポ禁止」は良い方法ですね。
矢印もくせ者です。矢印の先が原因なのか、結果なのか、時間の経過なのか、単に関係することなのかが、あいまいなのです。カラフルな色彩、活字の字体を変えるのは、資料をつくった本人だけの自己満足です。
原文をお読みください。記事には、会議のルールについても書かれてます。

残業なしでも社長になれる

6月19日から日経新聞夕刊「人間発見」は、オリックスグループCEOのの井上亮さんの「ノー残業で社長になる」です。
「オリックスは長時間労働是正に向けて4月に1日の所定労働時間を7時間に短縮した。働き方改革を主導しているのはグループ最高経営責任者(CEO)の井上亮さん(64)だ。入社以来、定時退社を貫きながら、経営トップに就いた異色のキャリアの持ち主だ」という書き出しで始まります。

・・・1975年にオリエント・リース(現オリックス)に入社し、国際部門でキャリアを積んできました。取引先との懇談などを除けば、CEO就任まで残業は生涯3回しかしていません・・・
・・・リース事業は、どうリスクを軽減し、利ざやを稼ぐか。大まかな契約モデルはありますが、細かな条件は案件ごとに違います。創造性とアイデアの勝負です。長い時間働いた分、成果が上がるわけではありません。脳をフル稼働していれば1日に働けるのは8時間が限界でしょう。定時退社は生産性を高めるための心得でした・・・

・・・職場改革プロジェクトでは若手社員と管理職にそれぞれの立場から生産性向上策を提言してもらいました。その中でも指摘されていたのですが、無駄な会議や上司への過剰サービスが目立ちます。上司への報告のために丁寧にプレゼン資料を作る必要はありません。A4判1枚に箇条書きで要点は伝わります・・・

ぜひ、この連載をお読みください。
これを読むと、長時間残業は、仕事ができないことの言い訳としか思えません。もちろん、残業無しにするには、それを許容する職場の雰囲気と、上司の理解が必要です。もっとも、長時間残業をしている職場は、上司も自信がないので長時間労働をしているので、難しいですが。
「無駄な会議や上司への過剰サービスが目立ちます。上司への報告のために丁寧にプレゼン資料を作る必要はありません。A4判1枚に箇条書きで要点は伝わります」は、私が常に主張していることです。

働き方改革

連載「明るい公務員講座・中級編」で、働き方改革を取り上げる予定です。日本社会では、長時間労働が問題になっています。あわせて、労働者の生産性の低さも、問題です。G7各国の中では最低という調査もあります。一生懸命遅くまで働いて、成果が出ていない。これでは、踏んだり蹴ったりです。多くの公務員の職場でも、この傾向は変わりないでしょう。定時退庁できる職場もありますが。

私は、この問題を、仕事の仕方の改革として議論しようと考えています。日本の職場の特徴、全員一致、ボトムアップ型、前例踏襲といった仕事の仕方は、これまでの仕事には適合しました。そして、日本が世界先進国に追いつくことができました。しかし、その仕事の仕方が、新しい時代に不適合になりました。これを変えないと、長時間労働は変わりません。

もう一つ、社会的背景があります。職員に長時間労働を求める「風潮」です。かつては、会社勤めは「お気楽な職業」だったのです。私が子供の頃、植木等とクレージーキャッツは、「サラリーマンは、気楽な稼業ときたもんだ♪」と調子よく歌っていました。昭和の象徴である、人気漫画「サザエさん」でも、波平さんとマスオさんは、晩ご飯を家で食べています。
それが、昭和の終わりには「24時間戦えますか。ビジネスマン~ビジネスマン~♪」(栄養ドリンク、リゲインのコマーシャル)と、会社員に長時間労働を迫るようになりました。

そして、日本の労働慣行が、これを支えます。他国が職に就く「就職」であるのに対し、日本は会社に入る「入社」です。転職が比較的容易な海外と、転職が難しい日本。すると従業員は会社に忠誠を尽くします。濱口桂一郎さんは、これを「ジョブ型とメンバーシップ型」と表現して、うまく説明しています。『若者と労働』(2013年、中公新書ラクレ)、『日本の雇用と労働法』(2011年、日経文庫)。

ドイツ陸軍の失敗

大木毅著『灰緑色の戦史――ドイツ国防軍の興亡』(2017年、作品社)を読みました。「無敵の軍隊」の虚像が、剥がされます。
子供の頃、「ドイツ陸軍、日本海軍はとても強かった」と教えられました。「アメリカの物量に負けた」ともです。そのような俗説、神話が普及していたのでしょうね。
高校生の時に、日本軍の戦記物が好きな友人がいて、その影響でいくつか関係の本を読みました。
しかし、もう少し客観的な本を読んだのは、大学生の時です。決定打は、有名な『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』(1984年、ダイヤモンド社。中公文庫に採録)です。日本軍の失敗が、明らかにされます。

ミッドウェー海戦も、物量では日本海軍の方がアメリカ海軍を上回っていました。負けたのは作戦の失敗です。いくらドイツ陸軍、日本海軍が強いと言っても、結果として負けているのですから、強くなかったことは証明されています。神様が、イタズラをしたわけではありません。
そもそも、物量において圧倒的に差があることは、開戦前から分かっていたことです。分かっていながら戦争をする。これほど不合理なことはありません。
結果は、あのひどい敗戦。国民は空襲やその後の混乱で、戦死、飢餓など塗炭の苦しみを受けました。戦争孤児もたくさん生まれました。軍隊はお取りつぶし。アジア各国にも大変な被害を与え、後世の日本国民にその「負の遺産」を半永久的に負わせることになったのです。戦争指導者の責任は、追及されてしかるべきです。

ドイツにしろ日本にしろ、負け戦の物語を読むことは、楽しくありません。勝った戦争は、勇敢な兵隊と有能な指揮官がいてと、楽しいですが。しかし、負け戦にこそ、学ぶべきことはあります。