カテゴリー別アーカイブ: 仕事の仕方

生き様-仕事の仕方

仕事の達人

一つの仕事に打ち込む、そして達人になることは、すばらしいことです。
朝日新聞月曜夕刊に「凄腕つとめにん」という連載があります。
社長といった社会的な著名人ではなく、人知れず作業場や会社の中で、仕事に打ち込んでいる職人たちです。
「こんな仕事もあるんだ」と驚くような仕事が並んでいます。そして、毎日の作業が半端ではありません。「よく続くなあ」と感心します。達人とは、このような人たちをいうのでしょうね。

変化の激しい業界でのリスク管理

朝日新聞オピニオン欄9月16日は、南場智子さん(DeNA創業者・会長)のインタビュー「マイナスからの出発」でした。DeNAは、インターネットサービス会社大手ですが、まとめサイト問題で不正確、無責任な内容を掲載し、それによって売り上げを伸ばしていたことで批判を受けました。

「スピード感とリスク管理のバランスが、とれていなかった?」という問に。
・・・私の仮説ですが、リスク管理機能が充実して整備されれば、やっていいこと、悪いことがはっきりして、意思決定も早く進む。今回は、完全に配慮が欠けていた。予測できたはず、ここが一番恥じているところです。結局、コンプライアンスの体制不整備の故に、1年近くの時を失いました・・・
「守安功社長の責任は」について。
・・・守安はコンプライアンスの徹底や権利侵害の是正を現場に厳しく指示しましたが、その後のフォローが不十分でした・・・

「あふれる情報の何を信じ、何を疑うか。難しい課題です」との問に。
・・・おまえが言うなとお叱りを受けますけど、本当に大事なことは一次情報に触れること。二次情報、三次情報にわりと簡単に影響されて、特に若者は仲間意識で盛り上がりがちです。ソーシャルメディアのオピニオンリーダーのつぶやきに左右されず、自分の腹に意見が聞けるような情報の集め方、整理の仕方をしてほしい・・・

三井住友海上保険の退社宣言ポップ

朝日新聞夕刊「へぇな会社」8月28日は、三井住友海上火災保険の「退社時間をポップで宣言」でした。
・・・ 「お先に」の一言が言いづらい日本のカイシャ文化。三井住友海上火災保険(東京)は今年4月から「原則19時前退社」を決め、パート含む全従業員が自分が決めた退社予定時刻をポップで掲げ、みんなに「宣言」する試みを始めている。
「パソコンでスケジュールを共有したが、見るだけで終わってしまう。もっといい可視化の方法がないか考えていた」と人事部・働き方改革推進チームの荒木裕也課長(40)はそう話す。上層部には「みんなが面白く参加できる改革がやりたい」と積極的に後押しする声もあり、この方法を思いついた。
効果は抜群。みんな早く帰るようになった。お互いの予定がわかるので、仕事を頼むタイミングも考えるようになり、チームワークもよくなった・・・

・・・改革の最大の目的は仕事を効率化し生産性を高めること。早く帰ればいいという話ではない。職場によっては繁忙期もあるし、客の都合もある。制度は柔軟に運用し、必要があれば残業も認める・・・

連載「明るい公務員講座・中級編」第30回「働き方改革は仕事の改革」で、その写真を付けて紹介したものです。

休み明けは忙しい

15日から23日まで、休みを取りました。予想通り、休み明けの今日は忙しかったです。秘書が事前に渡してくれた予定表は、真っ白だったのですが。
帰りの飛行機中で、日本に帰ったら処理しなければならない事項を、書き上げておきました。それを片付けることと、たまった電子メールを処理しようと考えていました。
しかし、職場に着くと、次々と報告や説明が入ります。それだけ仕事が進んだということです。ありがたいことです。

他方で、電子メールの処理が、進みません。私用メールは、パソコンを持っていって毎晩処理したのですが、職場パソコンはメールを転送してくれないのです。事情を分かっている人は、職場と自宅にCCしてくれているのですが。
リストアップした処理事項とメールのうちから、急ぎのものを優先し、片付けました。残りは、明日処理しましょう。

時差ぼけを心配していたのですが、今日は、思ったほどではありません。仕事をしていると、そんなことも言っておられません。
アメリカ東海岸との時差は、13時間。ちょうど夜と昼が逆転します。若い時は困ったのですが、歳をとると鈍感になるのでしょうか。それとも、明日以降に出てくるのでしょうか。

謝罪の経済学

日経新聞経済教室が、「謝罪の経済学」を載せています。8月10日は大竹文雄・大阪大学教授、11日は平野晋・中央大学教授です。
お金を払わなくても、謝罪することで、相手がなぜ許すか。また、言葉だけでは駄目で、本気度が重要などが、解説されています。このような分析もあるのですね。
アメリカ各州で、アイムソーリー法が制定されていることを、知りました。お読みください。