カテゴリー別アーカイブ: 仕事の仕方

生き様-仕事の仕方

伝わっていないカタカナ語

文化庁が発表した「国語に関する世論調査結果」(2018年9月25日)を新聞各紙が伝えていました。特に、官庁が使うカタカナ語です。例えば、9月26日の日経新聞「お役所カタカナなじみは薄く・・・」がわかりやすいです。

コンソーシアム、インバウンド、フォローアップ、パブリックコメント、ガイドライン、ワーキンググループ。漢字で言えば、共同企業体、訪日外国旅行者、追跡調査、意見公募、指針、作業部会。漢字の方が、わかりやすいですよね。

カタカナで言うと、なにか格好良いと思っている人が多いようです。困ったものです。特に役所で使う場合、伝えるべき相手は住民です。住民がわからないような言葉は、使ってはいけません。
しかも、これらは主に英語を日本語にしたものです。外国人には通じないのです。そして、国語辞典に載っていません。詳しくは『明るい公務員講座』p112。

これに関して。パスモなどの電子マネーの入金機械の表示が気になっています。「チャージ金額を・・」と音声と表示が出るようです。チャージなんて言わずに、入金といえばすむのに。チャージ(入金)と表示してある場合もあります。電車内での電光掲示によるお知らせも、気になることがあります。なるべく文字数を減らす工夫をしています。それなら「車両トラブル」と言わず「車両故障」と言えばわかりやすく文字数も減るのに。
インターネットなどパソコン操作の際も、カタカナ語が多いですね。これは、日本語への翻訳を怠っているのでしょう。
明治人だったら、漢語に置き換えたり、新しい日本語を作ったでしょうね。「カード」も「札」と訳しておけば、使い勝手が良かったでしょうに。

話し方を磨く

社会人になると、話し方が重要になります。良い教材をお教えします。
NHKラジオの「ことば力アップ」です。10月から半年間の放送です。私は放送を聞かず、テキストを読むだけですが。「テキスト
「話すのは苦手で」という方には、お勧めです。学生諸君にも、勧めています。「人前で話すことが下手です」とか「就活の面接が不安です」という学生も多いです。そのような経験がないからですね。このテキストには、「就職面接を決める話し方」も含まれているのです。

話すことは、誰でもできることです。しかし、相手に伝わる話し方となると、難しいです。『明るい公務員講座 仕事の達人編』でも、伝える技術として、話し方をお教えしました。
このテキストでも、私の教えていることと同様の趣旨が書かれています。しかし、私が教えるより、話のプロであるNHKのアナウンサーの方が、説得力があります。そして、和久田さん小郷さんが話しかける方が、相手は聞きますわな。

追い込まれれば、仕事は進む

先週、「そろそろ、仕事のリズムを、取り戻さなければなりません」と書きました。追い込まれば、できるものです。15日の3連休からエンジンがかかり、先週は実り多い1週間でした。

慶応大学の準備は2回分を、講演準備は1回分を、仕上げました。といっても、これらは、すぐに次の回が追いかけてきます。

「明るい公務員講座」は、連載したものの残りを単行本にすべく、出版社がゲラとデータを用意してくれました。それを元に、編集作業に入りました。
分量が多く、2冊分あります。第3巻と第4巻は、課長編です。何を「売り」にするかを考えつつ、それぞれの話題を縦横どのように再配置するか。再構成に悩んでいます。これが、なかなか難しいです。
何人もの人から、「まだ本にならないのですか」と催促を受けているのです。乞うご期待。

夏休みのように余裕があると、いろんなことやいろんな本に手を出して、一つのことが完成しません。しかし、締めきりが迫って来ると、他のことや本を放り出して、それに集中しなければなりません。そして、一つずつ片付くのです。
この3連休も、頑張りますわ。出張などが続くので、できるときに稼いでおかないと。

仕事のリズムを取り戻す

今年の8月はとても暑かったので、原稿を書くなどの生産活動はできませんでした。本を読むことくらいでした。異業種交流会は熱心に行い、ホームページの更新も行いましたが。

しなければならないこと、やりたいことは、一覧表に書き出していたのですが。なかなかエンジンがかかりませんでした。「まあ、まだ時間はあるわな」と。これまでなら、夏休みでも、原稿書きに追われていたのですが。締め切りが迫っていないというのも、理由です。『明るい公務員講座』で批判した「夏休み症候群」です。

今週から、ようやく涼しくなりました。大学授業の再開も迫ってきたので、のんびりしていられなくなりました。10月には合計5つの講演などを引き受けていて、主催者から準備の催促が届き始めました。
「明るい公務員講座」第3巻の編集も始まりました。次の連載の準備もしなければなりません。引き受けた原稿も、書きかけの途中で放置してあるし・・・。

それぞれ締め切りが近づくと、追い込まれて、進むのです。進まない仕事を進める方法は、『明るい公務員講座』に書いたように、締め切りを設定する、他人に催促してもらうことです。
そろそろ、仕事のリズムを、取り戻さなければなりません。

電子メール誤送信防止・フールプルーフ

「フールプルーフ」という言葉をご存じですか。英語で、fool proofです。
辞書には、「利用者が間違えた操作をしても、危険な状態を招かないようにする仕組み」というような説明があります。

電子レンジが出始めた頃の話です(うろ覚えなので、不確かなのですが)。水虫を治そうと、足を入れて作動させた人がいたそうです。体内の水分が沸騰して、大やけどになります。そこで、扉を閉めないと、作動しないようにしたのです。
この時に、フールプルーフという言葉を覚えました。私は英語を直訳して、「バカ防止装置」と理解しました。「不注意による失敗防止装置」の方が、正しいですね。
(インターネットで調べると、そのような事件はでてきません。そもそも電磁波が外に漏れ出さないように、扉を閉めないと作動しないようにしてあるそうです。すると、私の記憶は間違いですね)

さて、何を言いたいか。ケアレスミスといわれる不注意による失敗は、通常なら起こらないのですが、何かの拍子にやってしまいます。職場でよくある失敗は、ファックスや電子メールの誤送信です。そこで、いろんな防止策がとられています。
・ファックスで送る場合は、2人以上で確認すること。
・電子メールを送る際に、「宛先は間違いないですか」と警告が出る仕組み。
・電子メールで、添付ファイルを送る際に、「その添付ファイルは間違いないですか」と警告が出る仕組み。
・外部の人に電子メールを送る際に、送信ボタンを押してから実際に送信するまでに、数分間時間をおいて、取り消しができるようにする仕組み。

私の職場でも、いくつかの仕組みが入っています。
私は、すべての電子メールの送信の際に、「確認画面」が出るようにしています。「面倒だなあ」と思うことがありますが。この仕組みのおかげで、何度か失敗を防ぐことができました。