連載「公共を創る」目次

時事通信社『地方行政』に、2019年4月から連載。

これからの行政を、これまでの行政の範囲を超えて、より広い視野で考えようと思います。私たちの暮らしとそれを支えている社会が、大きく変化しています。住みよい社会をつくるには、広く公共を考え、その中での行政が果たすべき役割を考える必要があるのです。「執筆の趣旨」「日誌のページへ

(目次)
4月25日 1はじめに 公共を考える
5月9日 2はじめに 公共とは何か
5月16日 3想定外が起きた―政府の役割を考える 東日本大震災の衝撃
5月23日 4想定外が起きた―政府の役割を考える 何をするかを考える
5月30日 5想定外が起きた―政府の役割を考える 試された官僚の能力

(全体の構成、予定)
第1部 町とは何か
第1章 大震災の復興で考えたこと
1 想定外が起きたー政府の役割を考える
(1)東日本大震災の衝撃
(2)試された官僚の能力
(3)これまでにない対策
2 町を再建するーまちとは何か
3 政策の拡大と哲学の変更
第2章 暮らしを支える社会の要素
第3章 社会資本とは何か

第2部 社会の変化
第1章 日本は大転換期ー成長から成熟へ
第2章 世界も大転換期
第3章 社会の課題の変化

第3部 行政の新しい役割
第1章 政府の役割再考ーサービスの提供から安心の保障へ
第2章 企業とNPOの役割
第3章 社会は創るもの