岡本全勝 のすべての投稿

公共

10日から、日本経済新聞「経済教室」で、「公共性を問う」の連載が始まっています。10日は田中直毅さんが、企業と公共性や日本社会の公共性の変化について書いておられました。11日は林敏彦先生が、国家・市民・市場の三角形を解説し、インターネットなど超国家空間での公共性を説いておられました。拙著では、「第8章公の範囲は」で、官・共・私の三つで説明しました。

NO TITLE

昨夜は、省庁改革本部時代の同僚(減量班)との懇親会でした。ワシントン、宮古市、山口県から帰ってきた職員の歓迎会です。今夜は、富山県時代の同僚(各省からの出向者、「でるくい」のメンバー)の懇親会でした。これも、九州大学、北海道からの帰京歓迎会です。みんな、それぞれの場所で活躍中です。いろんな話題で、話が盛り上がります。ありがたいですね、こうして集まってくれるのは。

伝道師活動余話

かつてこのHPで、私の「副業」=地方財政の伝道師活動に関して、鎌田浩毅京大教授の文章を紹介しました。先生から、メールをいただきました。
鎌田先生は、「科学の伝道師」と名乗っておられるのです。先生の活動は、一般の方や小学生まで、出版物もたくさんです。私の活動とは、比較になりません。私の活動は、「同業者」「関係業界」相手が多いですから。
「自分の講演を録画して、講演術を自らを磨かれた」ことも、尊敬します。私も試みたことがあるのですが(といっても、自分では見たくないのに、撮ってくださる方も多いので)、とても見られたものではありません(反省)。

NO TITLE

大型連休も、残りわずかになりました。全国的にほぼ天候に恵まれ、良いお休みをお過ごしのことと思います。中には、「職場に行った方が楽だ」という方も多いでしょうが(笑い)。小生は、少しの家事手伝いの他は、債務奴隷状態で原稿書きの毎日です。その成果で、遂に「続・進む三位一体改革」(月刊『地方財務』)を書き上げました。400字詰め原稿用紙150枚の力作です。11月から取りかかり、「1月号には載せる」と予定していたのですが。国会開会中はまとまった時間がとれず、半年かかりました。お待たせしました。川原編集長、5月末発行号に間に合いますね。うーん、あと3日で、他の原稿がどこまで進むかなあ。

文化の香り

今日は、日本のピアニストを紹介します。久元祐子さんです。CDを聴かせてもらいました。私がいろいろ解説するより、と言うより私の解説能力を超えるので、ご本人のホームページを見ていただいて、演奏を聴いていただいた方が、わかりやすいですよね。私が親しくしていただいている方の、奥様です。