カテゴリー別アーカイブ: 社会

行政-社会

夫の家事と育児時間

7月4日の朝日新聞「育児、ママじゃなきゃダメなの?」に、各国の、6歳未満の子を持つ妻と夫の家事・育児時間が載っています。それによると、

日本:妻7時間34分、夫1時間23分
スウェーデン:妻5時間29分、夫3時間21分
ドイツ:妻6時間11分、夫3時間
アメリカ:妻5時間39分、夫2時間53分
イギリス:妻6時間6分、夫2時間46分
フランス:妻5時間49分、夫2時間30分

日本の夫は、先進各国の半分以下の時間ですね。これは、妻に叱られますわ。
私は子育てに参画しなかったので、発言する資格がありません。日経新聞夕刊コラム「仕事人間の反省

ジャパンタクシー

東京の町中を走るタクシーが、新しい形に変わりつつあります。
ジャパンタクシー」と呼ぶのだそうです。形は、写真を見てください。これまでの多くのセダン型ではなく、ワゴン型です。背が高く、ロンドンタクシーに似ています。

私は、タクシーを余り利用しないのですが。セダン型より背の高いロンドンタクシー型がよいと思っていました。低い天井と低い座席は、乗り込みにくいですよね。
先日、乗る機会がありました。天井が高いので室内が広く、椅子に座っている感じが良かったです。
難点を言えば、東京のこの形のタクシーは、黒が多いのです。もう少し明るい色になりませんかね。
また、天井についている「提灯」を、車体と似合う形に作れないのでしょうか。トヨタによる基本形は、天井の前方に横四角についていて、似合っているのですが。実際に走っているタクシーは、どの会社の提灯も、天井真ん中に目立つような色と形(提灯と呼ばれるように)で乗っていて、この車体の形と色に不釣り合いなのですよね。

車いすも、乗ったままで乗ることができます。映像(ページ上大きな写真の右下の「車いすの乗降方法」)をご覧ください。
少し注文があります。このビデオ、「チャプターいち」「ロッド」「タンブル」「ストライカー」「スカッフプレート」といったカタカナが出てきます。わかりましたか。「ピンが干渉する」といったことばも。
さらに、全部を見るには30分ほどかかるようです。安全のためには、必要なのですが。

結社が支える市民社会

シュテファン=ルートヴィヒ・ ホフマン著『市民結社と民主主義 1750‐1914』( 2009年、岩波書店)。放ってあったのですが、大学の授業で非営利活動を話している際に、思い出し、山の中から探し出しました。

市民結社(アソシエーション、社交団体)が、19世紀欧米の市民社会そして民主主義を支えた点を分析しています。有名なところでは、トクヴィルの「アメリカの民主主義」です。アメリカやイギリスに限らず、驚くほどの社交団体が作られ、市民(といっても男性ですが)が参加したのです。
個人・家族と国家との間にある「中間集団」の役割は、もっと評価されるべきです。その反対が、孤独な群衆であり、アトム化です。コミュニティであれ、同好会であれ、宗教、学校、会社まで、人はさまざまな集団に帰属して、生活と精神の安心を得ます。

本書には、日本語の文献案内もついていて、価値があります。紹介されている「結社の社会史・全5巻」(2005~06年、山川出版)も買ってあるのですが。本の山に埋もれています。

ところで、NPO(非営利活動団体)に、何かよい名前はないかと考えています(日経新聞夕刊コラム第19回)。「結社」は一つの候補者です。漢字二文字です。ただし、政治結社や秘密結社という印象がついて回ること、なにやら古く感じることから、人口には膾炙しないでしょうか。

在宅医療、武藤真祐先生

6月23日の朝日新聞オピニオン欄「広がる医療の地域格差」に、武藤真祐さんが出ておられました。

・・・私は在宅の患者さんを往診するクリニックを、都内4カ所と宮城県石巻市で運営しています。またシンガポールでは、在宅医療サービスと、それを支えるためのICT(情報通信技術)やAI(人工知能)の企業を経営しています・・・
・・・その経験から、医師や看護師、介護スタッフなど、チームで医療を支えるのが大切だと考えます。
クリニックでは、書類は医師以外のスタッフが8割方作ったものを医師が仕上げます。在宅医が移動中に診療内容を電話で口述すると、石巻の専門スタッフがカルテの下書きデータを作ります。医師が診療や患者とのコミュニケーションに時間を使えるようにするためです。専門外の病気を診る場合、グループ内の専門医が相談にのります。テレビ会議で週3回、スタッフの研修をして情報共有をしています。効率化を図るとともに、スタッフや地域の間の格差をなくす努力をしています・・・

記事にも出ているように、石巻市で在宅医療を行ってくださっています。かつて、このホームページでも紹介しました。「被災地から発信する新しい地域包括ケアモデル」(2013年6月8日)

第3波のグローバル化、2

先日書いた「第3波のグローバル化」の続きです。

私は、グローバル化=ものなどの国際的移動の進化を、次のように考えていました。
1 モノの移動 これは鉄道や船などによる運搬の発展に支えられ、大量の工業製品が、国境を超えて移動することです。産業革命期から始まり、19世紀20世紀です。

2 情報の移動 通信、特にIT技術の発展による、情報の瞬時による世界での伝達です。そこに乗るのは、文章といった情報だけでなく、お金=資金もです。これは、20世紀末から発展しています。

3 人の移動 モノと情報とくれば、次はヒトです。でも、これはまだ先のことと思っていました。
上の1と2は技術さえ発展すれば、金儲けのために容易にそれを利用します。しかし、人はそう簡単には移動できません。農業は土地とともにあります。農業の比重は下がりました。ビジネスマンが出張したり、有能な人が世界のどこにでも移住することはあります。しかし、多くの人は働く場所とともに、家族がいます。その上に、育った土地への愛着があります。そう簡単には、移住はできないのです。

ところが、このボールドウィン説では、人体は動かずに、ヴァーチャル技術によって、あたかも人が移動したかのような効果が得られるのです。
なるほど。とはいえ、人の体と住み家が動くこととは、少々意味が違うと思うのですが。