カテゴリー別アーカイブ: 講演

講演

若手新聞記者への講義

今日は、ある新聞社に呼ばれて、若手記者の研修講師を務めてきました。記者が官庁を取材する際の心得と作法を、取材される側として話しました。

報道機関には、駆け出しの頃から「普通の」取材を受けていたのですが、30歳、鹿児島県県税務課長のときに、課税ミスで厳しい追及の「洗礼」を受けました。42歳、富山県総務部長のときは、談合事件やカラ出張不正で、何度もお詫びの記者会見をしました。
もちろん記者さんとのお付き合いは、お詫びばかりでなく、地方交付税の課題や地方分権改革、県の行政改革などでは、正しく取り上げてもらうべく、昼に夜に説明を行いました。総理秘書官や大震災復興のときも、記者さんとの対応にはかなりの時間を使いました。
「ここを聞いて欲しい」「こんな角度から書いてほしい」と思うこともたくさんありました。「お詫びの仕方・形も大切」「報道記者との付き合い方

公務員にとって、一般的には記者はやっかいな存在です。記者発表ものなら大きな問題はないのですが、そうでない取材には「聞かれたくないこと」もあります。
ところで、管理職研修に、「記者との付き合い方」は入っていないようです。私も、自己流で経験を積んできました。「明るい公務員講座 中級編」第15回に、「交渉 情報発信」を書きました(「明るい公務員講座」第4巻に載せる予定なのですが・・)。
そのようなことを踏まえて、期待を込めて、取材される側の手の内を明かしてきました。

関西学院大学丸の内講座

今日1月19日は、関西学院大学の生涯学習、丸の内講座に出講してきました。村尾信尚教授が開いておられる「エグゼクティブコース不確実性の時代に向き合う」の一コマです。夜の18:30から20:30、東京駅前でです。
私の題は、講座の主旨にあわせて「想定外は起きる-東日本大震災で学んだこと」です。私の体験を軸に、考えたことをお話ししました。みなさん、熱心に聞いてくださいました。よい質問も相次ぎました。

富士山が噴火した場合について紹介したのは、鎌田浩毅・京都大学名誉教授。本は例えば「富士山噴火 その時あなたはどうする」(2021年、扶桑社 )、「富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ」(2019年、講談社ブルーバックス新書)。

今週は、15日日曜日の福島県郡山市の報告会から始まり、16日の滋賀県大津市での講義、18日埼玉県上尾市での女性管理職研修、そして今日の関学での講演。よく頑張りました。

上尾市女性管理職研修

今日1月18日は、上尾市女性管理職研修の講師に、埼玉県上尾市まで行ってきました。
上尾市は女性の管理職登用が進んでいるのですが、他の職場と同じように、まだその途上にあります。

そして、彼女たちも苦労しています。男社会であった職場で、女性が男性と同様に処遇され、さらに管理職になるのは、みんなが慣れていないのです。
それは、男性管理職にも、当てはまります。多くの管理職が、自分が学び経験してきたことと違う世界になって、困っているのです。昭和後期にできあがった、日本型労働慣行を変える途上にあるのですが、それもまだ途中です。
女性職員をどのように使ったらよいか、女性幹部のどのように仕えたらよいか、仕事に全力を尽くさない職員や、増える心の病の職員をどのように扱えばよいのか。再任用職員の扱い方なども。
それらの背景と、処方箋をお話ししてきました。

サントリーみらいチャレンジプログラム報告会2

先日報告した「サントリーみらいチャレンジプログラム報告会」を、福島中央テレビが取り上げてくれました。「サントリーの被災地支援「みらいチャレンジプログラム」報告会」。
このように取り上げてもらうと、広く周知できます。ありがとうございます。

映像には、私も発言している(なにか、登壇者をけしかけているような)様子が映っています。

全国市町村国際文化研修所で講義

今日1月16日は、全国市町村国際文化研修所に、講師に行ってきました。この研修所は、滋賀県大津市にあり、私の勤めている市町村職員中央研修所の姉妹校です。

研修内容は「災害発生時の市町村の対応」で、5日間にわたります。1990年代まで、日本は比較的安全を享受していました。ところがそれ以降、大震災、豪雨被害、安全保障の危機、感染症拡大など重大な危機が続発しています。災害対応は、自治体職員の必須科目になりました。
私の講義は研修の冒頭で、「大規模災害に備えて~想定外は起きる~」。経験を元に、その要点や心構えを話してきました。私の次のコマは、室田哲男・元消防庁国民保護・防災部長が、より具体的な話をします。