カテゴリー別アーカイブ: 連載「公共を創る」

連載「公共を創る」第79回

連載「公共を創る 新たな行政の役割」の第79回「社会の課題の変化―成熟社会で模索する生き方」が、発行されました。

第77回から、「人間らしい生き方への被害」について、対策が取られたものを説明しています。今回は、うつ病など心の悩みと過労死についてです。
今回も「出世」して、掲載誌の2ページ目からの掲載です。

人の反応を羅針盤とする不安

4月24日の朝日新聞オピニオン欄「私、傷つきやすい人?」、土井隆義・筑波大学教授の発言から。

・・・「繊細さん」現象は、かつての「コミュ障」に似ています。人をさげすむために使われる言葉だったのが、「私はコミュ障だから」と自分に対しても使うようになった。他人とのコミュニケーションがうまくいかない時、「コミュ障なので許して」と、対人関係上の潤滑油や免罪符として使われるようになりました・・・
・・・こうした現象の裏には、「自分は他人にどう思われているか?」と常に考えざるをえない社会があると思います。1990年代前半まで右肩上がりだった日本のGDPの伸び(経済成長率)は、90年代後半からほぼ頭打ちとなります。この時期を境に日本社会は大きく変わりました。
2000年以降の調査では、「努力しても報われない」と考える人が増え、「生きていれば良いことがある」と考える人が減っています。この傾向は若い人に顕著で、「いい学校、いい会社へ入ればOK」といった人生目標は持ちづらくなりました。歩むべき方向が不透明になったぶん、他人の視線を強く気にするようになったのです。

かつては、たとえば「スポーツの試合で勝つため」「音楽コンクールで優勝するため」などと明確な目標がまずあり、人間関係はその目標を実現する手段でした。しかし価値観が多様化した今、人間関係それ自体が自己目的化しています。自分の内部に羅針盤を持ちにくくなり、他人の反応が羅針盤の役割を担うようになりました。
学校で「自由化」「個性化」が叫ばれるようになったのも同じ時期です。たとえば、以前なら出席番号順などで強制的に分けていたクラスの班分けも、「好きなように作ってよい」となった。自主性という名のもとで、「自己責任」化が起きました。それまでは、気の合わない人とも班を組まざるをえないという「不満」がありましたが、「自分はどの班に入れてもらえるのか?」という「不安」が勝るようになりました・・・

・・・人間関係に心をすり減らさない処方箋の一つは、「自分の居場所」を閉じずに複数作ることだと思います。子どもなら、学校の外に作ることです。異世代の集まるダンスグループでも、地域社会などでお年寄りの話し相手をするのでもいい。一つの人間関係に依存するから、「繊細」にならざるを得ないのです・・・

連載「公共を創る」で、成熟社会になり、自由が不安を連れてきたことを論じています。まさに、ここで述べられていることです。

連載「公共を創る」3年目に

連載「公共を創る」の掲載が、3年目に入りました。第1回が、2019年4月25日でした。
当初、骨格を考えたときは、「まあ、1年はかかるなあ」と想像はしていたのですが。こんなにかかるとは。読んでくださっている読者に、感謝します。

たくさんの人に、お世話になっています。事実の確認や図表の作成などもです。特に、文章に目を通してくれる右筆たちに、感謝しなければなりません。読みやすく加筆したり、間違いの指摘だけでなく、私の主張について異なった見方を示してくれます。これは、ありがたいです。そして指摘を受けて考え直すと、その異論の方が正しいのです。

それにしても、良く続いたものです。随筆のように、そのときそのときに思いつくことではなく、全体構成の下で書いています。微修正は加えつつも、この構成で書き続けているのは、褒めてやりたいです。
執筆は、まとめに入っているので、もう半年ほどで完結すると思います。

連載「公共を創る」執筆状況。アンナ・カレーニナ

いつもの、連載「公共を創る 新たな行政の役割」の執筆状況報告です。
成熟社会の新しい不安のうち、「格差」を書き上げ、右筆たちに目を通してもらい、編集長に提出しました。今回も、右筆さんには、たくさん鋭い指摘をもらいました。いつものことながら、感謝です。

引き続き、もう一つの不安である社会生活問題を、「孤立」の観点から書いています。成熟社会の社会生活問題を、すべて孤立で説明することはできませんが、多くの悩みの元には孤立があります。
その過程で、トルストイを思い出しました。ロシアの文豪トルストイの傑作「アンナ・カレーニナ」の冒頭に、有名な文句があります。
「幸せな家族はいずれも似通っている。だが、不幸な家族にはそれぞれの不幸な形がある」。
確かにそうなのですが、現在日本の社会生活問題には、共通の根があるのです。小説は不幸の違いを描きますが、社会学と行政は共通の原因を見つけ、対策を考えます。

私は、「アンナ・カレーニナ」は、読んでいません。19世紀ロシア文学では、ドストエフスキーの「罪と罰」を学生時代に読みました。長編であること以前に、ラスコーリニコフとか登場人物の名前が長く、かつなじみがないので、読みにくかったです。時間以上に、体力が要りますね。

連載「公共を創る」第78回

連載「公共を創る 新たな行政の役割」の第78回「社会の課題の変化―支援の形態に新たな展開」が、発行されました。

前回から、「人間らしい生き方への被害」について、対策が取られたものを説明しています。雇用の次は、困難を抱えた人たちへの支援です。
これまでは、健康保険や年金などの社会保険制度が最初の安全網(セイフティネット)であり、生活保護制度が最後の安全網と呼ばれていました。それに対し、困窮者支援法や求職者支援制度は、生活保護にいたる前に、自立を支援するものです。第二の安全網と呼ばれています。金銭やサービスの提供ではなく、自立支援は違った手法が必要です。

また、改正社会福祉法では、「地域共生社会」の実現も掲げられています。支え手側と受け手側に分かれるのではなく、地域のあらゆる住民が役割を持ち、支え合いながら、生きがいを持って活躍できる地域コミュニティを目指しています。福祉などの公的サービスだけでなく、住民が協働して助け合いながら暮らす町をつくろうとするものです。
ここに、町や町づくり、地域や地域づくりといった言葉の内容が変化していることを見ることができます。かつては、これらの言葉が指し示す内容は、街並みであり建物や道路の改修が主でした。その後、地域活性化や地域おこしとして、産業や観光の振興、祭りなどの住民活動振興が重点になりました。そしてさらに、住民の助け合い、居場所つくりが課題になってきたのです。