2017年春学期・地方自治論Ⅰ

2017年春学期・地方自治論Ⅰ―地方行政の仕組み
(金曜日1限)

日本の政治と行政は、中央政府と地方政府によって担われています。そして行政サービスの多くは、自治体が提供しています。また、地方自治は、「民主主義の学校」とも呼ばれます。選挙を通じて代表を選び、税金を負担し、行政サービスを受けます。
春学期は、地方自治の仕組みと機能を学びます。

授業計画
1 授業計画の説明。中央政府と地方政府1―地方自治の意味
2 中央政府と地方政府2―国の仕事と自治体の仕事
3 中央政府と地方政府3―自治体の多様性
4 自治体の仕組み1―市役所の仕事
5 自治体の仕組み2―市役所の仕組み
6 自治体の仕組み3―議会
7 自治体の仕組み4―議会と執行部
8 自治体の仕組み5―法律、条例、予算
9 自治体の仕組み6―地方公務員
10 自治体の仕組み7―行政改革
11 統治と自治1―憲法と地方自治
12 統治と自治2―住民の政治参加
13 統治と自治3―コミュニティ
14 地方行政の成果と課題
15 まとめ

秋学期・地方自治論Ⅱ(自治体と地域の経営)は、役所の経営(特に地方財政)と、地域の経営(地域の課題と取り組み)を学びます。

講義の記録