東日本大震災被災者生活支援本部勤務

ご無沙汰していました。3月17日以降、このホームページを加筆をしていませんでした。
3月19日に、内閣府にできた、被災者生活支援特別本部事務局次長に指名されました。今回の東日本大震災には、政府をあげて取り組んでいます。この事務局は、緊急災害対策本部の下で、被災者の方々の生活を支援することが任務です。もちろん、被災者支援は市町村と都道府県が第一の責任者であり、各省もそれぞれ取り組んでいます。しかし、それだけではできないことを、担当しています。
就任以来、大至急でしなければならないこと(被災者支援と事務局の立ち上げ)があり、とてもパソコンを開く時間がありませんでした。毎日、組織を拡充し、課長やその下の職員を、各省から派遣してもらい増員しました。現在、次長が私を含め2人、審議官が2人、課長級が13人、職員が100人程度(2交代制の席もあるので、実数はそれ以上)まで、大きくなりました。13年前の省庁改革本部での経験が、とても役に立ちました。その時一緒に仕事をした職員も、参加してくれています。
場所は、内閣府本府講堂で、24時間態勢で、被災地から寄せられる不足している物資(食事、水、日用品、燃料)の調達と、その配送手配に取り組んでいます。また、一部職員はそこに入りきらないので、別館(プレハブ庁舎)で、物資以外の支援対策をしています。多くの職員が、急に呼び出され(何人かの職員は3連休中に突然呼ばれました。というか、呼び出しました)、それまでの仕事を放り出して駆けつけてきてくれました。そして、その日以来、家に帰ることができなかったとか、睡眠時間を削って仕事をしてくれています。ありがたいことです。
もちろん、被災された方々のご苦労とは、比較になりません。被災者のために全員で頑張ります。皆さんのご支援も、よろしくお願いします。
今日は、総理のお供をして、自衛隊のヘリコプターで、陸前高田市とJビレッジ(原発事故対策の前線基地)に、行ってきました。上空から見る各地の被災状況、そして真っ平らになった陸前高田の状況は、言葉にできません。

あっという間の2週間でした。この間の仕事は、我ながら「すさまじい」ものでした。初日の2日間で、2キログラムの減量に成功しました。特段の運動もせずにです(笑い)。その後も、昼ご飯や晩ご飯を食べそびれることがあるので、減量はさらに進み、リバウンドもしていません。
今日は、少し時間ができたので、久しぶりにこのページを加筆しています。もうしばらくして時間ができたら、仕事の内容をご報告したいと思っています。(2011年4月2日)

ご無沙汰していました。4月2日以来の加筆です。
連日、忙しく仕事をしていますが、最初のころと比べると、仕事が回るようになりました。そこで、最近は、比較的早く帰宅できるようになりました。もっとも、職員に指示を出して私だけが早く帰るので、職員はその後も残業です。ごめん。
私は早く帰宅しても、お風呂に入って、バタンキューなので、このホームページの加筆ができませんでした。たくさんの方から、励ましや参考情報などをメールで頂いているのですが、返事を出していません。申し訳ありません。
一方、朝は、早くに目が覚めます。あれもしなければ、これも指示しなければと、次々と課題が頭を駆け巡ります。それでも、最初の頃は、考え事でほとんど寝ることができなかったことに比べると、最近は睡眠が取れています。
で、早めに出勤して、職員が夜のうちにつくってくれた資料に手を入れ、布団の中で考えた事項を指示書に書いて、朝9時には一仕事を終えるというパターンを繰り返しています。

昼ご飯を食べそびれると、夕飯も食べそびれることがあるので、最近は会議中であろうが、職員が私の前に座って説明をしていようが、12時になったら、キョーコさんに作ってもらった弁当を広げて食べるという「わがまま」を通しています。その結果、減量は3キログラムで停止し、最近は復活基調にあります。ある職員は「岡本次長の減量に協力するため、もっと忙しくしよう」と言ってくれます(笑い)。
はじめの2週間は、100人入っている講堂で職員に指示を出すので、ついつい大声になり、喉を痛めました。薬を飲みつつ、ペットボトルのお茶で常時喉を潤さないと、咳が止まりませんでした。ようやく、それも治まりました。しかし、依然としてペットボトルは手放せず、会議などにも常に持ち歩いています。

生活支援事務局のホームページができました。被災者や避難者の数、インフラなどの被害と復旧状況などのほかに、関係者に共有してもらうために、生活支援本部が取り組んでいる仕事の概要を載せました。また、これまでの対策の経過(事務記録)も載せてあります。毎日忙しく仕事に追われていると、日にちの感覚がなくなります。仕事の内容も、どんどん変化します。記録しておかないと、「あれはいつのことだったっけ」「忙しかったけど、毎日何をしたのだろう」と忘れてしまいます。ご関心ある方は、ご覧下さい。数値などは、毎日更新します。