カテゴリー別アーカイブ: 講演会

講演会

石川県庁職員研修

今日は、石川県庁の職員研修で話をしてきました。管理職級なので、働き方改革につながる、効率よい仕事の進め方、無駄を省く方法などを具体的にお話ししました。
この方たちが、職場の事務を一番知っています。この方たちが改革に取り組まないと、職場は効率化しません。かつては、でんと座っていて、部下が上げてくる決裁にはんこを押していたら良かったのですが。もちろん、その改革を理解し責任を取るのは、彼らの上司です。
100人の皆さんが、熱心に聞いてくださるので、こちらも熱が入りました。1時間半しゃべり終わったら、ヘトヘトでした。

福島県議会勉強会

今日2月26日は、福島県議会勉強会に呼ばれて、話をしてきました。
福島県議会の議員さんを相手に、復興の話をするのは、いささか難しいです。現場のことは、議員の方がよくご存じです。そこで、全体から見た整理をしました。
津波被災地との違い、時間と地理的条件の違いなどです。一番の違いは、原因である水と放射能の違い、それが去るまでの時間の違い、それが及ぼす復興条件の違いです。そして、天災と人災の違いです。
津波被災地では、住宅の完成など、先が見えてきました。しかし、原発被災地での復興は、まだ時間がかかります。

イラク国会議員への復興の説明

今日2月14日は、JICA(国際協力機構)主催の、イラク知見共有セミナーで、大震災からの復興を、お話ししてきました。藤沢烈さんらと一緒にです。
お相手は、イラクの国会議員らです。イラクではISとの戦闘が収束し、これから300万人(国民の10%)と言われる国内避難民を帰還させることが、大きな課題になっています。イラクでも町が破壊され、その再建が必要なのです。

アラビア語への通訳なので、できる限り簡潔な語り口にしました。英語なら、どのように伝わっているかがわかるのですが、アラビア語では、全くわかりません。
主に写真を使い、何に力を入れたかを説明しました。インフラだけでなく、産業とコミュニティの再建が重要であること。政府と自治体だけではできず、企業やNPOの協力が重要であることなど。
参加者からは、がれき処理の方法、産業再生の手法などの質問のほか、「住民の政府への信頼がないので難しい」などの声がありました。

さいたま市役所研修講師

今日は午後から、さいたま市役所の研修講師に行ってきました。対象は、課長級約200人です。
増える仕事、迫られる行政改革、働き方改革(場合によっては、増える故障者をかかえて)、課長さんたちは、これまでになく苦労しておられます。
職場の無駄をなくし、どのようにしたら、仕事を早く仕上げることが出来るか。私が、悩んでたどり着いた実例を、お話ししました。
皆さん、悩みは同じらしく、熱心に聞いてくださいました。

今週は、水曜日に大分市役所、今日は午前は慶應大学の授業、午後は埼玉市役所と、かなりしんどい週でした。
よくやりましたと、自分で自分を褒めておきましょう。

大分市役所で講演

今日は、大分市役所に、講演に行ってきました。演題は、大震災対応+明るい公務員講座の、2本立てです。90分で両方お話しするのは、やや欲張りでしたが。
大震災対応は、スライドを使って、現場の状況をお見せしました。明るい公務員講座は、時間と仕事の管理術を、具体例でお示ししました。
100人を超える職員の方が、熱心に聞いてくださいました。