カテゴリー別アーカイブ: 明るい公務員講座

明るい公務員講座

『明るい公務員講座』第3巻執筆状況

『明るい公務員講座』の第3巻の執筆状況について、その後の進捗状況の報告です。
ほぼ書き上げました。文章としては、8割方完成でしょうか。
順次、右筆に目を通してもらっています。また、編集長に送って意見をもらっています。

しばらく、熟成させて、違った角度から見てみます。すると、加筆すべきか所や、より良い言い回しが浮かんでくるのです。執筆に没頭している時は気がつかなかったことが、見えてくるのです。

『明るい公務員講座』第3巻、途中報告

『明るい公務員講座』の第3巻を執筆・編集中です。連載「明るい公務員講座中級編」のうち、課長向け、特に課長初任者向けの分をまとめています。

今回は、何を読者に伝えるか。
伝えたいことはたくさんあるのですが、それを羅列しても、読者の頭には残りませんわね。大きな目的を幹に立て、それに枝を配します。
それに沿って、該当する記事を並べ替え、だいたいの構成はできました。次に、文章を加筆しています。ところが、全体を通して読むと、抜けているところがあります。その穴を埋めるために、新たに執筆する必要があります。
また、読み返す度に、気になるか所が出てきます。すると、章立てが変わったり。レンガ(文章の部品)をあっちに持って行ったり、こっちに移し替えたり。まさに、推敲の悩みです。
「書いてまた消す、湖畔の便り~♪」と歌いながら、加筆しています。高峰三枝子さんのヒット曲「湖畔の宿」を、若い人は知らないでしょうね。戦前の歌ですから。私もよく知らないのですが。

ほぼ半分できましたかね。できたところから、右筆に朱を入れてもらっています。
原稿一式を鞄に入れて持ち歩き、時間がある時に手を入れています。とはいえ、集中する時間と場所がないと、執筆は難しいです。
「課長編は、まだですか」との問い合わせが、いくつもあります。1月には脱稿したいですね。でも、毎日忙しいし、年賀状書きの季節も来ます。

時事ドットコム「明るい仕事講座」4

時事ドットコムの連載「明るい仕事講座」は、第6回「実は人間関係に悩んでいる」が掲載されました。

仕事での悩みは、実は取り組んでいる仕事というモノではなく、仕事を指示した上司や一緒に仕事をしている同僚というヒトなのだということです。どんな困難な課題でも、前回お教えしたように「先行き」がわかっていたら、そんなに悩みません。そして、上司と行くべき道を共有していたら、悩まずにすみます。それを相談できないから、一人で悩んでしまうのです。
あわせて、上司と意見が合わない時、上司とそりが合わない時にどうするか。文章をお読みください。

時事ドットコム「明るい仕事講座」3

時事ドットコムの連載「明るい仕事講座」は、第5回「中身の悩みと進め方の悩み」が掲載されました。

職員の悩みは、多くの場合、仕事の中身より、上司との人間関係です。その次が、難しい仕事をどのように進めてよいかが、わからないことです。まあ、上司との関係に悩むのも、進め方がわからないからなのですが。
進め方で悩むには、2つのものがあります。一つは、これまでにないような難しい課題の場合です。もう一つは、先行きがわからない不安です。
つらいのは、後者です。どんなに難しい課題でも、先行きがわかっておれば、そんなに悩みません。

登山に例えましょう。低い山(課題)より、高い山の方が、登るのは難しいです。でも、高い山でも、登山道が整備されていて、地図も持っていたら、地図のない低い山を登るより安心して登ることができます。そして登ったことのある先輩がいると、もっと安心できます。