カテゴリー別アーカイブ: 著書「明るい公務員講座」

『明るい公務員講座』第7刷

拙著『明るい公務員講座』の第7刷ができたと、出版社から報告がありました。
2017年2月に出版してから、約3年です。第6刷り(2019年1月23日付け)で累計1万部を超え、その後も順調に売れているようです。紀伊国屋新宿本店でも、平積みになっています。ありがたいことです。

若手職員の悩みは、本人にとっては初めてのことで大事件ですが、経験者から見ると良くある話です。この本を読んで、1人で悩まないようにして欲しいです。そして、要領よく仕事をしてください。
悩んでいる後輩がいたら、この本を紹介してください。また、若いころ自分も悩んだことを忘れてしまった先輩も、この本を読んで思い出してください。そして、若手を指導してください。

『明るい公務員講座』第6刷

拙著『明るい公務員講座』の第6刷ができたと、出版社から報告がありました。これで、累計1万部を超えました。2017年2月に出版してから、約2年です。

「経験者なら知っていること」を「みんな同じようなことで悩んでいる。知っていれば、悩むことが少なくなる」と思い書きました。類書がないので、売れているようです。
売れることもうれしいですが、これを読んで、若い職員たちが少しでも悩まずに仕事ができれば、その方がうれしいです。

明るい公務員講座 仕事の達人編』も好評です。ありがとうございます。
「明るい公務員講座」第3弾は、課長編です。いま、編集中です。もう少しお待ちください。

時事ドットコム「明るい仕事講座」4

時事ドットコムの連載「明るい仕事講座」は、第6回「実は人間関係に悩んでいる」が掲載されました。

仕事での悩みは、実は取り組んでいる仕事というモノではなく、仕事を指示した上司や一緒に仕事をしている同僚というヒトなのだということです。どんな困難な課題でも、前回お教えしたように「先行き」がわかっていたら、そんなに悩みません。そして、上司と行くべき道を共有していたら、悩まずにすみます。それを相談できないから、一人で悩んでしまうのです。
あわせて、上司と意見が合わない時、上司とそりが合わない時にどうするか。文章をお読みください。

時事ドットコム「明るい仕事講座」3

時事ドットコムの連載「明るい仕事講座」は、第5回「中身の悩みと進め方の悩み」が掲載されました。

職員の悩みは、多くの場合、仕事の中身より、上司との人間関係です。その次が、難しい仕事をどのように進めてよいかが、わからないことです。まあ、上司との関係に悩むのも、進め方がわからないからなのですが。
進め方で悩むには、2つのものがあります。一つは、これまでにないような難しい課題の場合です。もう一つは、先行きがわからない不安です。
つらいのは、後者です。どんなに難しい課題でも、先行きがわかっておれば、そんなに悩みません。

登山に例えましょう。低い山(課題)より、高い山の方が、登るのは難しいです。でも、高い山でも、登山道が整備されていて、地図も持っていたら、地図のない低い山を登るより安心して登ることができます。そして登ったことのある先輩がいると、もっと安心できます。