カテゴリー別アーカイブ: こだわりのモノ

生き様-こだわりのモノ

『ミッテランの帽子』

ミッテランの帽子』(2018年、新潮社)を読みました。
友人が勧めてくれて、買ってあったのです。私は、社会や政治に関心があって、それらの本を読むだけで時間がなくなります。とても、小説まで手が回らないのです。そして、作り話より、ノンフィクションの方が、面白いと感じるのです。とはいえ、たまには難しくない本を。

ミッテラン大統領が、レストランに置き忘れた帽子。持ち主が変わるたびに、彼や彼女の人生に幸運をもたらします。詳しくは読んでいただくとして。
フランス料理、香水、ブルジョアの暮らしなど、軽やかな文体ですが、緻密な表現がされています。フランス料理は私たちもなじみができましたが、香水やブルジョアの暮らしは、知らない世界です。
次はどの様な展開になるのだろうと、わくわくしながらページをめくります。私が書く文章と、小説との違いですね。事務文章は、次は何が出てくるのだろうと疑問を持たせたり、びっくりさせてはいけないのです。
たくさんの読者が、感想文を書いています。参考にしてください。「アマゾンでの感想文

「頭の上に帽子を乗せることで人は それを持たない人たちに 疑う余地のない威厳を誇示できるのだ」トリスタン・ベルナール。巻頭の題辞
「帽子は帽子をかぶる人にそれをかぶらない人以上の威厳を与える、とダニエルは思った」(P30)

私は、そこまで気取ってはいないのですが。まあ、中折れ帽を被って、変な行動はできませんわね。野球帽と中折れ帽(ボルサリーノ)では、立ち居振る舞いは異なります。被った当初は、ホテルやデパートで、「丁寧に扱ってもらっている」と感じるときはありました。
さて、私の中折れ帽(いま被っているのは、もう何代目かのものですが)は、私に幸せをもたらしてくれたのでしょうか。そうだと思いましょう。

ただし、帽子愛好家としては、疑問が残りました。この小説は、ミッテラン大統領がレストランに帽子を忘れる場面から始まりますが、この設定に難があります。
1 しょっちゅう忘れ物をする私でも、帽子を忘れることはありません。身についているので、帽子がないと、違和感を感じるのです。
2 大統領には、秘書官と警護官がついているので、忘れると指摘してくれるはずです。もちろん、お店も。

さらに付け加えると。帽子って、簡単に被れないのです。一つは、サイズが合わないことがある。靴と同じです。もう一つは、その人の顔や服装に合わせるのも、けっこう難しいのです。どれでもよいとは、いかないのです。

雑誌の付録

私より詳しい人が多いと思いますが。雑誌の付録って、立派なもがありますよね。1000円程度で、カラフルな雑誌の他に、1000円以上しそうな品物がついています。
本屋の店頭には、そのような女性雑誌がたくさん並んでいます。男性雑誌でも、鞄や文房具が付録でついているものがあります。

先日も、衝動買いをしてしまいました。といっても、1000円ほどですから。雑誌の名前は覚えていません。
若冲万年筆と、アクアスキュータムの万年筆です。私は、万年筆は試し書きをして選ぶのですが。付録では、そんなことはできません。家に帰って、箱を開いて書いてみると、万年筆としてはそこそこの書き味です。デザインも、立派なものです。お遊びと思えば、満足できます。問題は、価格でなく、たまる文房具をどうするかです(笑い)。

1000円の雑誌についている付録は、原価が200円程度だとか。中国製と書いてありますが、おもちゃではありません。この原価でできるとは、不思議です。

思い出の品、爪切り

先日、新しい爪切りを買いました。「そんなこと、取り立てて書くことか」と思われるでしょうが。これには、思い入れがあるのです。
使っている爪切りは、大学に入ったときに買ったものです。親元を離れて、初めて一人暮らしを始めました。生活道具を、大学の生協で買いそろえました。その一つです。切った爪が飛ばないように、両側にガードがついています。初めてこれを買ったときは、「知恵者がいるなあ」と感心しました。

それから今まで、ほかのものはすべてなくしました。入学祝いにもらった高価な万年筆数本も、どこかに散歩に行ったまま帰ってきません。ところが、この爪切りだけは、不思議となくすこともなく使っています。小物ですから、とっくになくしていても当然ですが。徳島にも、鹿児島にも、富山にもついてきた、かわいいものです。18歳の春から62歳の春までですから、44年使ったことになります。キョーコさんより、9年も付き合いが長いのです。
家族は、もっと切れ味のよいのを使っているのですが、私は捨てるのも惜しくて、使い続けていました。しかし、半年前に福島生活用に買った爪切りの切れ味が良く、それに比べ切れ味の悪い愛用品に、遂に別れを告げることにしました。

「往生際が悪い」と笑われそうですが、思い入れとはそんなものでしょう。
期待と不安を持って、明日香村から上京した18歳の春を思い出します。初めて寮で寝た時のさみしさは、今も覚えています。もっとも、周りの人たちのおかげで、すぐに解消しましたが。この爪切りは、ずーっと、私を見守ってくれていたのかもしれません。
この春も、たくさんの若者が、新しい生活に踏み出すでしょう。また、異動や転勤の方もおられるでしょう。その際には、期待とともに、不安もあるはずです。毎日を一生懸命生きることで、その不安を乗り越えていってください。そして、「一人で悩まないこと」が、その不安を解消する薬です。

これまでに、何本の傘をなくしましたかねえ・・・。
折り畳み式の傘はかさばらず、持ち運びに便利ですが、面積が小さくてあまり役に立ちません。そこで私は、旅行以外は長い傘を使っています。
20年ほど前に、サンフランシスコに行ったときに、オペラハウスで記念に買って帰った真っ赤な傘。もちろん、日本が独立を回復した平和条約の調印式が行われた場所です。飛行機にも抱えて乗って、日本まで持って帰りました。気に入っていたのですが、数年後には、タクシーに置き忘れました。それ以来、車に乗った際には、傘は扉側において、降りるときに絶対忘れないようにしています。
ロンドンで買って、これまた機内に持ち込み持って帰ってきた細身の傘。こちらは、値が張ったこともあり、置き忘れることなく10年以上使っています。もう一本は、安いジャンプ傘ですが、これはこれで使い勝手が良いのです。
それを、自宅と霞が関の職場に1本ずつ置いてあります。福島の職場にも置いておくために、先日もう1本買いました。これも少々値が張りましたが、どうせなら良いものを持とうと選びました。
今日、原稿書きに疲れて散歩する際に、曇り空なので、それを持ちました。途中で、ぱらぱらと細かい雨が降ってきましたが、コートを着て帽子をかぶっていることもあり、新しい傘は広げず帰ってきました。傘を濡らさないで持つのは、本末転倒です(笑い)。子供の時、新しく買ってもらった靴を汚すのが嫌だったのと、同じですね。
もっとも、ロンドンで紳士が使っていた細身の傘は、一度開くと畳むのに専門家の手が必要なので、少々の雨では開かないと聞いたことがあります。

平成28年の回顧3、鞄

平成28年の回顧の、番外編です。今年買ったものに、鞄があります。
毎週、福島で勤務するようになったので、適当な鞄を探しました。仕事用の書類鞄は、衣類が入りません。当初は、旅行鞄を使っていたのですが、書類と衣類が一緒に入っているのは、取り出す際に不便です。底が広いので、持って歩くにも不便で。大きなのは、スマートでないし。
そこで、書類鞄に似た、入れるところが2つに分かれて、それぞれにファスナーがついている鞄を見つけました。これなら、一つには書類を、もう一つには衣類を入れることで、取り出しが便利です。

ところが秋が深まり、衣類がかさばってきました。私は、パジャマを持ち歩く派なのです。秋冬用のパジャマは、夏用より分厚くて、かさばるのです。さらに、携帯パソコンと歯ブラシ・ひげ剃り類は福島の事務所に置いてあるのですが、それを事務所からホテルに持っていく必要があります。ここで、鞄に入りきらなくなりました。
鞄屋さんに行って、いろいろ探しました。新幹線で、出張中と思われるサラリーマンたちも観察しました。車が付いたカートや、リュックサック型、そして肩からかける鞄と。しかし、これらは大きすぎます。たくさん入るように柔らかい材質では、書類がよれよれになりそうです。ようやく、大きすぎない手頃な鞄を見つけることができました。

このほかに、ポシェットも。夏にシャツ姿で出かけたり孫と遊ぶ際に、上着を着ていないと、カードや財布を入れるポケットがないのです。かといって、大きな鞄では邪魔になるし。女性用のポシェットは、いろいろきれいなのがありますねえ。いっそのこと、それにしようかとも思ったのですが。キョーコさんが、格好良い男性用のポシェットを探してくれました。
こうして、持ち物が増えていくのですよね。