岡本全勝 のすべての投稿

またまた副業

1月に宮崎で行った講演を活字にしてくださるとのことで、速記録に手を入れています。難しいですね。自分の話が、こんなに「読みにくい」ものとは。でも、私の語りの下手さを除いても、日本語って、話し言葉と書き言葉では、かなりの差があります。口語体でも、というか口語体は、「言文一致」とはいきません。それに、身振り手振りは活字にならないし、黒板を使っていることも。
私は、講演会では、録音をお断りしています。今回は、宮崎県庁の茂補佐の要請を受けてしまいました。

課長はつらいよ・続き

昨日、私を支えてくれる職員の名前を載せました。すると、総括国会係(本省の国会担当)から「僕たちの名前も掲載することを要求します。労働者の当然の権利として!」とメールが来ました。そこで、今日はその面々を載せます。「清水 正博、荒井 崇、河内 達哉、渡邉 泰之、山口 大助、原 彰宏、渡部 貴徳、高橋 文武、中田久美子、古淵 隆志」また、大臣秘書官室の2人にもお世話になっています。「市川 志帆、片山 寅真」みんな、ありがとう。これでいいかな、古淵君。

法律ができるまで:実況中継

前回、「それを支える総務課(特に国会担当者)も、大変です・・・。総務課長は、その職員達に支えられています。ありがとう」と書いたら、「そんな1行では納得できません。ぐれます」という職員がいるので、改めて書きます。
私を支えてくれている職員(国会連絡室)は、次の職員です(敬称略、順不同)。「福本 謙二、西浦 敬、永田 雄彦、高橋 伸二、笹山 佳徳、法川 英市、松岡 果奈子、長谷川 章、仲西 章、古川 大樹、岩見 哲司」これでいいだろう、福本さん・長谷川君。その他の職場の職員は、追って載せます。古淵君・市川さん、待っててね。

NO TITLE

毎日長時間多くの質問があって、大臣は大変です。もちろんそれを支える総務課(特に国会担当者)も、法案提出課職員も大変です。各議員からの質問通告聴取、答弁資料作成担当課の振り分け、答弁資料の作成。夜に質問が判明し、それも100問にもなると・・。総務課長はその職員達に支えられています。ありがとう。

困難な副業

5月22日に開かれる地方財政学会総会で、共通論題「三位一体改革」について報告する予定です(土曜日なので大丈夫かと)。その報告要旨を、事務局に提出しなければならないのですが・・(頑張って、その後、23日に提出しました)。
東大での授業の学生院生の成績評価は、無事提出しました。でも、何人かから預かった卒業論文や修士論文がまだ読めていなくて。他の大学からも博士論文もお預かりしています。総務課長がこんなに時間がないとは・・。ごめん、もう少し時間を下さい。